コモン・マーモセット(手のひらサイズのお猿)の成長記録 oilchan.exblog.jp

我が家のおてんばおゐる姫、生後5日目からの育児記録、そして暴君な日常を綴っています


by oilmama
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

コモンマーモセットについて

コモンマーモセットという名前を聞くのも初めての方には、どんなお猿なのか
想像がつかないですよね。
大きさがどれくらいで、どんな生態をしてるか、概要をこちらにまとめてみました。
(要らない情報も含まれておりますが・・・・)


コモンマーモセット(キヌザル)Callithrix jacchus

霊長目 真猿下目 広鼻下目 マーモセット亜科(キヌザル科)(オマキザル科)
マーモセット属。
生息地から(新世界ザル)と呼ばれます。新世界ザルは4つの科があり、そのひとつ。
※キヌザルと呼ばれるのは、被毛が絹のようであるためです

属名は、ギリシア語の Kalos(綺麗な)とthrix(毛)からの造語。
同じくギリシア語の「柔らかいもの、優しいもの」の意味の属名 
Hapale Illiger もあります。

ブラジル東部(東経50度あたりから東)に分布しています。

頭胴長(尾は含まない)はオスメス共に同じくらいの大きさで、16~21cm、
尾長は24~31cm。
メスは若干小さく27.4(24.3-30.3)cm、体重は約240g~250gと言われて
いますが、家庭でペットとして飼われているマーモセットは、この数値より大きい
場合が多いようです。全体的若干オスの方が大きめです。
※ 我が家の姫は体重400gあります。食べすぎか??


身体の外見上の色合いは灰褐色で、耳に白色の長い被毛(耳毛tufted-ear)があり、
尾は黒色と灰色の縞模様と一般的にはなっています。
が、背中(ここが一番はっきりしている)を覆う毛の色は、実際は3色。灰色と黒の間に
綺麗な茶褐色の色が入っています。外側からだと確認できないので、2色の縞模様と
表記してあるものが多いです。
下側からなで上げると、綺麗な3色の縞模様を見る事が出来ます。
頭部は黒っぽいですが、額の中央頭頂部には白色の部分があります。


コモンマーモセットは一夫一婦制で、特別なことが無い限り、仲良く一生を
添い遂げます。
子育ては主にオスが担当し、メスは授乳の際に子供を抱くだけで、細やかな
世話はオスがしている羨ましい?生態のよう。
お腹が空いた子供を、メスのところに連れて行って授乳をして貰い、終わればまた
オスが抱いて子育てします。人間と同じく昼行性で、夜は寝て昼間活動します。


性成熟はオスは約16~17ヵ月、メスは約12ヵ月位、妊娠期間は130~170日位で、
一度に産む子供の数は、1~2頭が最も多く、稀に3頭産まれることも。
ただし、3頭以上産まれた場合、放置しておくと生存するのは1頭のみになることが
多いです。これは、ひとつのお乳を2頭で奪い合う形になってしまう為で、どちらも
育たない場合が多いのです。


寿命は約10年程度。但し家庭でペットとして飼われている個体は、15年程度
生きるらしい・・・・です
野生では熱帯雨林、川辺の林など樹上で、5~40頭前後の群れをつくり生活します。
「チッチッチッ」と、まるで小鳥のような甲高い声で鳴き声を発しコミュニケーションを
とっています。時折超音波を発するのですが、その音は相当遠くまで響き渡ります。


食べ物は、主に果物、花、花蜜、植物のや木の樹液なども好みます。
また昆虫、小動物(トカゲ、カエル)や小鳥なども捕獲して食べることもあります。
※我が家の姫は、樹液や蜜の代わりに、ケーキ、お汁粉、プリンなどがお好みです。


樹上で生活し地上に降りることは滅多に無く、そのため排泄は垂れ流しが当たり前。
猿全般に言えることですが、排泄の躾は難しく、無理に行えばストレスが溜まって
病気になることも。ケージの外で放す場合、排泄が嫌であれば、小さいときから
おむつをする訓練をするしかありません。


マーモセットは、アマゾン川を中心に文化が進んだ仲間で、小型で飼育しやすいために
乱獲され一時は絶滅まで危惧されました。
そのため現在は厳重に保護され、輸出入は禁止されています。
国内で出回っているマーモセットは、全てが国内で繁殖されたものだけです。


遺伝子が人間にとても近く、実験動物として大量に飼育され、多く繁殖した場合のみ
余剰動物として売却され、一般に出回ることもありますが、その数はあまり多くは
ありません。個人のブリーダーさんが繁殖させて販売する場合、予約制を導入している
ところが殆どでそのため、個体の値段はかなり高価(40万~50万円前後)になります。


骨に異常が出やすい特徴があり、粗悪なペットショップや、繁殖だけが目的の
ブリーダーなどから購入すると、先天的な病気を抱えていたり、骨に異常があったり、
数日で死んでしまったりと高価な値段に泣くに泣けない状況に陥る場合も・・・・。
なので、必ず信頼できるペットショップで購入される事をお薦めします。
またエキゾチックアニマルを診療してくれる獣医さんを見つけておくことも大切です。
購入前にしっかり調べておくと良いでしょう。



※分類は研究が進むと変更するようですので、変更などあれば書き換え、追加をして
いきます。また、間違いなどございましたらご指摘くださると有難いです。





人気ブログランキングへ登録中です。一日一回ポチっと応援宜しくお願いします。
ここか下記バナーをクリックして下さいね
006.gif ↓ Please click here.

e0142065_6244430.gif

[PR]
by oilmama | 2007-11-01 10:57 | おサル